HOME

コラム

初めての松坂牛体験

三重県へ彼女と旅行へ行った時に、「せっかくなので松坂牛を食べよう」という話になりました。いつも二人で旅行へ行くときは、その土地の特産品も目当てにしていたので、自然と三重県=松坂牛というイメージで話になって、次第に松坂牛を食べに行くことが旅行の目的になってしまいました。
インターネットで紹介されている松坂牛のお店をピックアップして、できるだけ他のお肉も味わえて、松坂牛と比較てきるようなお店がいいという話になって、現地松坂市の某焼肉屋で、晩御飯に松坂牛を食べることに決めました。
関西圏から三重県へ高速道路で向かいました。二人とも食べることが好きなので、途中のサービスエリアではなにか美味しそうなものがないか探しては、そのサービスエリア名物を食べて楽しんでいました。三重県に近づき、最後のサービスエリアでの休憩すると、なんと松坂牛の牛串なるものが売っているではありませんか。この時は食べるか食べまいかとても悩みましたが、当日の晩には本格的な松坂牛を堪能できるんだと自分に言い聞かせて我慢し、サービスエリアを後にしました。
三重県では伊勢神宮など観光地でたっぷり遊んで、お店を予約していた時間に近づいてきたので、松坂市の某焼肉店へ向かいました。
焼肉なので松坂牛だけでなく鶏肉や豚肉に松坂牛以外の牛肉もメニューに並んでいましたので、まず最初は鶏肉や普通の牛肉を食べて、少しお腹が膨れてきたところで、松坂牛を堪能することにしました。 松坂牛までの鶏肉も牛肉も臭みなく、しかし肉の味もしっかり味わえて、とても美味しい焼肉でした。そして、松坂牛をついに注文し、テーブルに松坂牛がやってきました、なんかもう赤身に白いサシが2対1ぐらいの割合で入っていて、普通に見ていても綺麗な肉だなという印象です。早速網の上に松坂牛を焼こうと持っていくと、なんとサシが蕩けて、下の網に溶けた牛脂がしたたり落ちだしました、網の上で「ジュッ」と油の焼ける音がして、急いで網に並べました。だまにならないように端で拡げたのですが、肉を置いて一息つくと、もう肉に火が入ってしまい、松坂牛の背に溶け出した油と肉汁が染み出し始めました。「これはいかん」とすぐに肉をひっくり返し、少々炙ったくらいで小皿へ引き上げました、小皿へ上げるときも、溶けた牛脂が炭火を「ジュッ」と焦がしています。 そして、すぐに松坂牛を口へ放り込みました。 そして、口の中には強烈な牛脂の濃厚な味が広がり、肉を噛む度にさらに牛脂が肉から溢れ出てきて、口の中が松坂牛で一杯になってしまいました。そして松坂牛を飲み込むと、「ああ、良い肉食ったなー」と感じて、声にでてましたね。
一言で感想を言うと、松坂牛は「濃厚」です。 少しの量であったとしても、松坂牛は一口食べただけで、満足させてくれるすごい「濃厚」なお肉でした。

コラム

初めての松坂牛体験

三重県へ彼女と旅行へ行った時に、「せっかくなので松坂牛を食べよう」という話になり...

>>>続きを読む

初めて食べる松坂牛ステーキはこれまでのステーキとは別物だった

若い頃は質より量といった感じで生産地がどうとか部位がどうというよりも、とにかく沢...

>>>続きを読む

贈り物にも重宝する松阪牛

松阪牛は私にとって憧れの高級品といった存在で、自分ではなかなか購入したりお店でい...

>>>続きを読む

松坂牛初めて食べました

友人とおんな2人で旅館に行きました。なかなかいけるものではないので少し奮発をしたくて...

>>>続きを読む

霜が綺麗にのっていて肉の旨みをたっぷりと楽しめる松阪牛

松阪牛はとても霜がのっているお肉で、ジューシーさが他のお肉とは全然違いましす。口...

>>>続きを読む

初めて松坂牛を食べたときの感動

私はステーキと言うと今までオージービーフなどの赤身の多い肉を食べていましたが、最

>>>続きを読む

このページのトップに戻る